のぼり旗や看板の効果は?

目立たせる

集客効果を高めたいと思った時には、インターネットで情報を発信したり、
雑誌などに広告を載せるなど色々な方法がありますが、
お店の前に看板やのぼり旗を設置するという方法もあります。

インパクトがあったり、わかりやすい内容にしておくことで、
多く人の気を引くことができますから、集客効果が高まることが
期待できるわけです。

なお、それぞれの効果ですが、看板は壁から突き出させるタイプがあり、
かなり目立たせることができますし、電飾を付けて夜でも目立たせると
いったこともできるものです。

しかし、工事が必要になったり、費用がかかりすぎたりして、
あまり手軽さがないのが難点です。かといってスタンドタイプにすると、
目立たなくなってしまいます。

手軽さのある

一方、のぼり旗の場合には、看板のようにどっしりとした造りではないものの、
風でなびくようになっているため、色々な方向から見やすいですし、
費用がかなり安いですから、非常に手軽さのあるアイテムだと言えます。

設置する時にはポールや台が必要になるものですが、それを入れても
結構手軽な金額で入手することができて良いものです。

また、場所の移動がしやすいというのも、のぼり旗の良いところです。
状況に合わせて場所の調整ができるため、非常に使い勝手が
良いと言えるでしょう。

ちなみに、デザインの融通が利くため、さまざまな形で
アピールしていくことができるのも良いところです。

既製品ののぼり旗を使ったり、既製品に文字入れをしたり、
完全オリジナルの物にするなど、色々なのぼり旗で
集客効果を高めることができるものです。

のぼり旗を使う際の防災面での注意

お店の前を賑やかに彩ってくれるのぼり旗。
多くは屋外の歩道などに置かれますが、防災面での注意点はあるのでしょうか。

気を配る

まず台風など風の強い日は、のぼり旗を外へ出さない方が無難でしょう。
強風に耐えられずポールが折れたり、土台から倒れてしまう可能性があります。

そこに運悪く歩行者や車が通った場合、ケガさせたり傷をつける事態も考えられます。
のぼり旗を取り込まなかったばかりに、賠償問題が発生しては悔やんでも
悔やみきれません。

またのぼり旗の布地は可燃性で、火事を引きおこす可能性を忘れてはいけません。

特に夜間など人通りの少ない時間帯は、布地に放火されるリスクが考えられます。
そこから店に燃え移ったり、近隣に飛び火したら深刻な状況。

注意して

日没や店じまいに合わせて取り込むなど、気を配る必要があるでしょう。
手軽に設置できる便利なのぼり旗も、場合によっては危険物に変わります。

防災面でも注意を怠らないのが、大きなポイントです。

特殊なのぼり旗の種類

のぼり旗と言えば、コンビニエンスストアやレストランのお店の前に
設置されていたり、お祭りの時に設置されていて、集客効果を高めることに
使えるアイテムですが、サイズがとてもたくさんあるのが特徴です。

通常サイズよりも小さなタイプもありますし、逆に通常サイズよりも
大きなサイズもあります。

種類

そんな中、特殊なタイプののぼり旗というのもあるものです。

例えば、三角フラッグというタイプがあります。
これは、二等辺三角形の形をしていて、専用のポールを使って
設置するタイプの物で、パチンコ店などで使用すると
活気づいて良いものです。

その他にも、手旗のぼりというタイプが存在しています。
これも専用のポールを使用しますが、このタイプは手で持って
使うことができるのが便利なところです。

かたち

のぼり旗と言うと、注水台を使って固定する使い方が一般的ですが、
手旗のぼりであれば、手に持つことができますから、スポーツの試合で
応援する時に使うなど、色々なシチュエーションで活用できるものです。

のぼり旗のオーダーはネット通販が便利

便利な

街でよく見かけるのぼり旗にはオリジナルのデザインが
されたものもあって、目を惹くのぼり旗を目にすることも多いです。

オリジナルのデザインは伝えたい内容が自由に表現できるため、
目を惹くことも多く高い集客効果に期待できる場合もあります。

しかし、オリジナルのデザインがされたのぼり旗はどこにでも
製作を依頼できるわけではありません。

そのため、オリジナルのデザインで製作したくても、どうしてよいかわからず
諦めて既製品を使うということも珍しくありません。

既製品にも良いデザインのものが多くありますが、オリジナリティを
求める場合には物足りなさを感じることもあります。

簡単で

最近ではネット通販でのぼり旗をオーダーすることもできるため、
オリジナルのデザインでも簡単にオーダーできるようになりました。

デザインデータを作ったらネットでそのまま入稿できるため、
すぐに製作を始めてもらうことができることも多いです。
そのため、オーダーしてからの納期も比較的短くて済むため、
急なイベントに使う場合にも便利です。

のぼり旗は雨天でも使用できる?

のぼり旗は、普通では店外で使用して、風をうけてはためいて
勢いを表して店に活気がある感じをあたえるもので、
集客のための商業用のディスプレイです。

強い

しかしながら毎日が風が適度に吹いて晴天であるはずがなく、
雨の日もあります。

のぼり旗は集客のものですので雨天でも集客の用途を果たさないと
意味がないです。
その旗の生地によって雨では濡れてしまってしおれて
全く目立たないものもあります。

それを防ぐには撥水加工などの防水をしたものがいいです。
こうした撥水にはラミネートコーティングされたものがよく
雨でもしおれて見えないということもなく形も崩れません。

長持ち

またこの加工をしておけば雨天で水にさらされていても
のぼり旗の生地には一切侵食しないので旗の傷みが少なく、
みすぼらしくならないので取り替えまでの期間が長くなりよいです。

ただしこの加工には費用がかかりますのでのぼり旗の単価が
上がりますが、加工しておけば長持ちするのでトータルコストでは
優位になると思われます。

のぼり旗に使われている生地は?

のぼり旗の生地は、丈夫で耐久性に優れていないと
すぐにダメになってしまうので、素材はポリエステル100%で
作られることが多くなっています。

耐える

外の目立つところに掲げると風雨にさらされ直射日光も
浴びるため、柔らかすぎる糸で織られてしまうと破れやすくなるからです。

ポリエステルでのぼり旗作るメリットは他にもあり、加工のしやすさがあります。
裁断と縫製のしやすさはもちろんですが、プリントしやすいことが
一番の特長で、専用のカラープリンターを使い、好きな文字や
絵柄などを簡単に印刷できます。

のぼり旗の生地はポリエステルだと、風に乗って綺麗になびくため
見た人の印象にもとまりやすく、宣伝効果が高まります。
強い風が吹いていなくても、穏やかな風の強さでも
揺れ動いて注目を集めます。

優れている

汚れたときも洗濯がしやすく、色落ちしにくくすぐにあせることも
少ないポリエステル100%は、平織でのぼり旗を作ることが多いですが、
より丈夫で重厚感を出したいときには綾織の生地を選ぶと良いです。