のぼり旗の処分方法

処分する時のぼり旗を多く使ってきた方が、後に大量の使い古し品になってしまうことがあります。
お店などを経営してきた方が廃業をしたり、業態を変更することで不要品になる場合も
見られます。

のぼり旗は大量で安価でつくり、屋外用として使われているものも多く、比較的丈夫な
素材で作られています。

天候に関係なく利用できるように工夫されていることから、
構造上では簡単なものですが、使われている素材は耐久性の高いことが特徴です。

使わなくなったのぼり旗を処分する方法では、旗の部分に対しては一般的な繊維品と
同じように処分できます。

 

お住まいの地域で変わることになりますが、燃えるごみとして廃棄することが
できる場所があります。豆知識■一般的なのぼりのサイズはどれくらい?

ポール部分に関してはステンレス製や樹脂製に分かれていますが、自治体によっては
小さくカットや折り曲げをして、専用のゴミ袋に収納できるのであれば、そのまま
簡単に廃棄できます。

 

プラスチック製のポールや土台の場合ではプラスチックとして
リサイクルゴミで廃棄することもできますが、土台が石の場合では
各自治体に問い合わせを行うことが必要です。

問い合わせる