のぼり旗は雨天でも使用できる?

のぼり旗は、普通では店外で使用して、風をうけてはためいて
勢いを表して店に活気がある感じをあたえるもので、
集客のための商業用のディスプレイです。

はためく

 

しかしながら毎日が風が適度に吹いて晴天であるはずがなく、
雨の日もあります。

のぼり旗は集客のものですので雨天でも集客の用途を
果たさないと意味がないです。

 

その旗の生地によって雨では濡れてしまってしおれて
全く目立たないものもあります。

それを防ぐには撥水加工などの防水をしたものがいいです。

 

こうした撥水にはラミネートコーティングされたものがよく
雨でもしおれて見えないということもなく形も崩れません。

 

天候

またこの加工をしておけば雨天で水にさらされていても
のぼり旗の生地には一切侵食しないので旗の傷みが少なく、
みすぼらしくならないので取り替えまでの期間が長くなり
よいです。

 

ただしこの加工には費用がかかりますのでのぼり旗の単価が
上がりますが、加工しておけば長持ちするのでトータルコスト
では優位になると思われます。

幟旗マン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)