のぼり旗に使われている生地は?

直射日光のぼり旗の生地は、丈夫で耐久性に優れていないとすぐに
ダメになってしまうので、素材はポリエステル100%で
作られることが多くなっています。

外の目立つところに掲げると風雨にさらされ直射日光も
浴びるため、柔らかすぎる糸で織られてしまうと破れ
やすくなるからです。

 

ポリエステルでのぼり旗作るメリットは他にもあり、
加工のしやすさがあります。

裁断と縫製のしやすさはもちろんですが、プリント
しやすいことが一番の特長で、専用のカラープリンター
を使い、好きな文字や絵柄などを簡単に印刷できます。

 

のぼり旗の生地はポリエステルだと、風に乗って綺麗に
なびくため見た人の印象にもとまりやすく、宣伝効果が高まります。

強い風が吹いていなくても、穏やかな風の強さでも揺れ動いて注目を集めます。

目立つ

汚れたときも洗濯がしやすく、色落ちしにくくすぐにあせることも
少ないポリエステル100%は、平織でのぼり旗を作ることが多いですが、
より丈夫で重厚感を出したいときには綾織の生地を選ぶと良いです。

幟旗マン

特殊なのぼり旗の種類

集客のぼり旗と言えば、コンビニエンスストアやレストランの
お店の前に設置されていたり、お祭りの時に設置されて
いて、集客効果を高めることに使えるアイテムですが、
サイズがとてもたくさんあるのが特徴です。

通常サイズよりも小さなタイプもありますし、
逆に通常サイズよりも大きなサイズもあります。

 

そんな中、特殊なタイプののぼり旗というのもあるものです。

例えば、三角フラッグというタイプがあります。
これは、二等辺三角形の形をしていて、専用のポールを
使って設置するタイプの物で、パチンコ店などで使用
すると活気づいて良いものです。

その他にも、手旗のぼりというタイプが存在しています。
これも専用のポールを使用しますが、このタイプは手で持って
使うことができるのが便利なところです。

応援する

のぼり旗と言うと、注水台を使って固定する使い方が一般的ですが、
手旗のぼりであれば、手に持つことができますから、スポーツの試合で
応援する時に使うなど、色々なシチュエーションで活用できるものです。

幟旗マン